体験フォローメールの後にすること

 

教科書ー入会に導く

 
 

7.体験フォローメールの後にすること

体験レッスンの日にフォローメールを送った後、入会の連絡をいただいた方には、入会のご案内をします。

入会時には、初回金を持ってきていただきますので、電話をかけた後、メールをしましょう。

入会日時、持ち物、金額を明記します。

お返事のないママパパには、1週間以内に一度電話を入れましょう。

体験での子どもの様子を伝え、ママパパからの質問にも答えましょう。

電話をかける前に、送ったメールの内容も確認しておきましょう。

次に、体験後に電話をかける際の、具体例を紹介します。

電話での話し方 具体例

(コール)
「(姓)さんのお電話ですか。」(携帯の場合)

「リトピュアの(講師氏名)です。」

「先日は(お子さんの名前)ちゃんとリトピュアレッスン、
体験いただきましてありがとうございました。」

「今、お時間よろしいですか。」   必ず聞くこと!

「ありがとうございます。」

「(教室名)にいらしていただき、 ありがとうございます。」

「(お子さんの名前)ちゃんの反応、かわいかったですね」

体験後のメールで書いた、お子さんの具体的な反応を伝えます。

「おうちではいかがですか。」   その後の様子を聞きます。

「(お子さんの名前)とレッスン、いかがかなぁと思って。」

例1 「入会します」と言われたら
「ありがとうございます。
次回、●月●日からでいいでしょうか。楽しみです。」「お持ちいただくもの、お伝えして大丈夫ですか。
後でメールもしますね。」
※入会日時、お持ちいただく金額を伝えます。
例2 「まだ検討中です」と言われたら
「ありがとうございます。
何か気になっていることはありますか。」
※質問があった場合は、それに答えます。「再体験いただけますから、どうぞ。
気になるお友だちとご一緒でも大丈夫ですよ。
例3 「やっぱり今回は見合わせます」と言われたら
「そうですか。何か気になったこと、ありますか。」※質問があった場合は、それに答えます。

「また体験いただけますので、ぜひいらしてくださいね。
ありがとうございました。」

【入会ご案内メール 参考例】

以上の体験フォローを、流れに添って、1つも漏らさずに、行ってください。

ママパパの気持ちになって、手をぬかないで確実に行い
入会していただきましょう。

 
 

本書の著作権は、リトピュアにあります。
本書の無断複写・複製は禁じられています。
リトピュアカリキュラムの無断使用は、いかなる場合でも認められません。

 

コピー禁止です