電話で申込みをいただいたら

 

教科書ー入会に導く

 
 

3.電話で申込みをいただいたら

体験申込みを、電話でいただくこともあります。

レッスン中など、出られない時間があることを想定して、問合せを受ける電話は、メッセージを受け取れるようにしておきましょう。

留守番電話サービス、簡易留守録設定などです。

外出先などで電話を受けた場合

外出先やうるさい場所などで電話を受けることもありますね。
その場合は、かけ直すなどの対応も大切です。

また、いつ、どこで電話がかかってくるか、わかりません。

電話を受けたときに、聞くこと、伝えることを手帳やノートなどに書きとめて、
持ち歩きましょう。

チャンスを逃さないように、日頃から準備をしておきましょう。

電話の前に準備するもの

1.筆記用具(メモ帳、ペン)
2.聞くこと、伝えること、を書いたメモ

聞くこと

1.お子さんの名前
2.お子さんの生年月日
3.連絡先電話番号
4.体験希望教室名
5.体験希望日時
6.お子さんの様子
7.ママパパが気になっていることなど

伝えること

1.体験参加日時
2.体験料
3.お子さんの飲み物、タオル

※聞くこと、伝えることを手帳に書きとめておくと、外出先でも対応できます。

こちらから電話をかけるとき

電話をかける前に、「電話の前に準備するもの」は、用意できていますか。
メールで先にご連絡をいただいているときには、お子さんの情報などを、
電話をかける前に、もう1度確認しましょう。

電話をかける時間

1.10時~11時30分
2.13時~20時

10時前や20時以降は、相手からのリクエストがない限りは、避けましょう。

電話をかけるときの注意点

1.「電話の前に準備するもの」が、そろっているか
2.電話番号に間違いがないか
3.静かな環境か(あまり騒がしい場所は避ける)

電話での話し方

1.まず相手の話をよく聞く!
2.ゆったりと話す!
3.はっきりと話す!
4.適度な間をとって話す!
5.相手が目の前にいるつもりで話す!
実際に会ってお話しているときのように、
うなずいたり、手振りを添えたりしましょう。

これらを意識して行うと
自然と言葉に抑揚や間ができ、温かい会話となります。

電話での話し方 具体例-1
申込みをいただいた後に電話をかけるとき

(コール)
「(姓)さん のお電話ですか。」(携帯の場合)

「リトピュアの(講師フルネーム)です。」

「(教室名)へ(お子さんの名前)ちゃん の体験お申込みをいただきまして、
ありがとうございます。」

「今、お時間よろしいですか。」   ※必ず伺いましょう!

「ありがとうございます。
●月●日に(教室名)への体験お申込みいただきまして、ありがとうございます。」

「(お子さんの名前)ちゃん、(生年月日)生まれさん、●歳●ヵ月ですね。」
※誕生日が近い、月誕生日(満●ヵ月になるとき)には、話題にしましょう。
先月お誕生日でしたね。来月お誕生日ですね。おめでとうございます。等
「お申込みいただきました、
●月●日●曜日、(教室名)でお待ちしています。」

「レッスンは、●時からです。
●時からお部屋にお入りいただけます。」

「体験レッスン料は、●●円です
おつりのないように、ご用意いただけますか。」

「レッスンには特に必要な持ち物はありません。
日頃(お子さんの名前)ちゃんとお出かけの際にお持ちになるもので、大丈夫です。」

「飲み物やタオルは、お持ちくださいね。」

「(お子さんの名前)ちゃん、●歳●ヵ月ですね。」

「人見知りとか、どうですか?」

例1 「特にないんです」と言われたら

「そうですか。」
・今、どんなことに興味を持っているんですか
・いろいろな表情を見せるようになってきているでしょうね
・何か気になっていることは、ありますか

例2 「そうなんです、人見知りがひどくって」と言われたら

「健やかに成長されていますね~」
・感情面が育っているんですね
・リラックスして、ママパパと遊びに行こう~の感じで
いらしてくださいね。

例1、例2、どちらの場合も、ママパパの話をよく聞いて、対応しましょう。
話のきっかけなので、深くは問いません。

「それでは、 体験までに何か気になることがありましたら、 いつでもご連絡くださいね。」

「気になるお友だちがいらっしゃいましたら、声をかけてくださいね。
ご一緒のクラスにご案内します。」

「●月●日●曜日 (教室名)●時クラスで、
(姓)さんと(お子さんの名前)ちゃん にお会いできること、
楽しみにしていますね。」

※電話で決まった日時を、電話の後メールでお送りしましょう。

電話での話し方 具体例-2
電話で申込みをいただいたとき

(コール)
「はい、リトピュアの(講師フルネーム)です。」

リトミックの体験をしたいのですが

「ありがとうございます。リトピュア(教室名)への体験ご参加でしょうか。」

はい、そうです

「ありがとうございます。
お子さんのお名前、生年月日、連絡先の順にうかがいますね。
お名前は~」

(お子さんの名前)です)   ※必ずメモをとりましょう。

「生年月日を教えてください。」

●●年●月●日です    ※必ずメモをとりましょう。

「連絡先の電話番号を教えてください。」

000-0000-0000です    ※必ずメモをとりましょう。

「復唱させていただきますね。」  ※必ず復唱をして確認しましょう。

「(お子さんの名前)ちゃん、(生年月日)生まれ、 ●歳●ヵ月ですね。
連絡先は、000-0000-0000、●月●日●曜日、(教室名)でご参加ですね」

「レッスンは、●時からです。●時からお部屋に入っていただけます。
体験レッスン料は、●●円です。
こちら、おつりのないようにご用意いただけますか。
レッスンで特に必要な持ち物はありません。
日頃(お子さんの名前)ちゃんとお出かけの際にお持ちになるもので、大丈夫です。飲み物やタオルは、お持ちくださいね」

「(お子さんの名前)ちゃん、今、どんなことに興味持っている様子ですか。」
※会話のきっかけをつくります。

「体験までに、何か気になることがありましたら ご連絡くださいね。」
「気になるお友だちがいらっしゃいましたら、声をかけてくださいね。
ご一緒のクラスにご案内します。」

「それでは●月●日、(姓)さん、 (お子さんの名前)ちゃんと、お会いできること、
楽しみにお待ちしていますね。」

※電話で決まった日時を、電話の後メールでお送りしましょう。

【参考例】 

【件名】
(姓)さん_●月●日楽しみにお待ちしています♪

【本文】
(姓)さん

リトピュアの(講師フルネーム)です。

先ほどは、お電話でお話できて嬉しかったです。

●月●日(曜日)●時
(姓)さん (お子さんの名前)ちゃんとのレッスン
楽しみにお待ちしています。

少しお日にちがありますね。

気になることがありましたらお知らせくださいね。

また、気になるお友だちいらっしゃいましたら
ぜひ!お声かけてくださいね。

ご一緒のご参加、大歓迎です!

よろしくお願いいたします。

リトピュア (講師フルネーム)
—————-

(教室名)教室(レッスン曜日)
(教室名)教室(レッスン曜日)

http://ameblo.jp/(教室ブログURL)
Tel (講師電話番号)

※LINEを使って連絡をとる場合もあるでしょう。
その際は、グループLINEは作らないようにしましょう。
対先生となら良いですが、グループで他の方とのLINE交流を好まない方もいらっしゃいます。
気をつけて対応しましょう。

 
 

本書の著作権は、リトピュアにあります。
本書の無断複写・複製は禁じられています。
リトピュアカリキュラムの無断使用は、いかなる場合でも認められません。

 

コピー禁止です