カリキュラムの仕掛け【リトピュア教科書】

 
 

5.先生の動きの仕掛け

(1)瞬時に立たせる
2歳児キッズ、1歳児リトルのレッスンでは、子どもが立って行う
カリキュラムがあります。
このとき、ママパパがなかなか立たない、ということのないようにします。
ママパパも子どもも、サッと立たせることを意識しましょう。
ママパパがやる気満々で、サッと立つと、よい雰囲気になり
先生は、やりやすくなります。
このときの仕掛けは、タイミングよく、「さあ!立って!」と
声と手を使ったアクションです。
1回でスッキリと立てるように、勢いよく行ってください。
自分の声と手の動きを意識して勢いよくすると
相手は動きます。
対象のカリキュラムの指導動画を、よく観てください。

(2)ベビーちゃんとコミュニケーションを深める
ベビーリトミックでは、ママパパが座わった状態の場面が多くあります。
先生は、ママパパとベビーちゃんのところを回って、
声かけすることが重要です。
このとき、座っているママパパ、ベビーちゃんと先生の目線を合わせなが
ら、きれいに動くコツがあります。
それは、低い位置に身体を落として、一人ひとりの近くに行けるように、
膝をついて、後ろの足で動く、という独特の動き方を行っています。
このベビーリトミックでしている動作を、身につけましょう。
ベビーリトミックの指導動画の先生の動きを、よく見てください。
目的は、一人ひとりの近くまで寄った状態で動けることです。
なので、気をつけるのは、先生が離れた円の中心で、コンパスのように
ぐるりと回る動きにならないことです。
正しい動きを身につけ、近くに行ってコミュニケ―ションをとりましょう。
見た目の所作も、きれいです。
ベビーリトミックのコミュニケーションにおいて、
大切なポイントになります。

 
 

本書の著作権は、リトピュアにあります。
本書の無断複写・複製は禁じられています。
リトピュアカリキュラムの無断使用は、いかなる場合でも認められません。