カリキュラムの仕掛け【リトピュア教科書】

 
 

4.隊形づくり

それぞれのカリキュラムごとに、適した隊形があります。
隊形ひとつで、子どもの集中や興味のわき方が変わります。
隊形を、常に意識するこが大切です。
そのベストな隊形をつくるためには、タイミングよく、わかりやすく、
先生が伝えることが必要です。
伝えて瞬時にママパパと子どもに、動いてもらうために大事なことは
・ハッキリと滑舌よく明確に話す
・声を前に出し届ける
・手を使ったり、身をのりだしたりアクションを入れる
・視線を合わせる
指導動画でも、毎回お伝えしていますので、よく観て行ってください。
では、主な隊形について確認します。
(1)先生と対面に座る
フラッシュカードやお話リトミック、お絵描きリトミックでは、
先生と対面に座わらせます。
リズムステップや、キャラクターリズムカードでも、カリキュラムの
内容によっては、対面で座ることを指定しているときもあります。
10
ママパパと一緒に、子どもが先生の方を向いて座れるように促します。
フラッシュカードやお話リトミックのときは、先生の横に座ってしまうと
見えにくいので、前の中央寄りに座るように誘導しましょう。
(2)小さな円をつくる
はじまりの歌と、あんころもちのあとは、小さな円になって
集まるようにします。
そのための仕掛けがあります。
「シュー バイバイ~」といいながら、大きく小さくを繰り返し、
最後にギューと円を小さくして、ストンと座る。
このとき小さな円になっている、という仕掛けです。
大きくなったり、小さくなったりするシーンでは、ワクワクするように
声をかけて動きます。
ママパパと子どもが、お話を集中して聴ける隊形をつくりたいからです。
小さな円になることで、子どもが円から
出ていきたくならないのです。
また、視線が先生に集まりやすくなります。
バラバラに広がった円にならないで、小さな円になることで
先生が子ども一人ひとりと、目を合わせることができます。
その隊形をつくることで、ママパパも子どもも話をよく聴くことができます。
聴こうとする耳を、育てる状況をつくる仕掛けです。
このように円を小さくする意味を理解して、小さくなって座れるように
促しましょう。
このとき大事なことは、先生が妥協して中途半端な円にしないことです。
もしも、座ったときに隙間が、目立つ円になってしまったら、
ママパパに、「小さくなってください」と声をかけて小さな円にしましょう。
一番いいのは、「シューバイバイ~ ストン!」とシューの勢いで、
小さな円を楽しく自然につくることです。

 
 

本書の著作権は、リトピュアにあります。
本書の無断複写・複製は禁じられています。
リトピュアカリキュラムの無断使用は、いかなる場合でも認められません。