カリキュラムの仕掛け【リトピュア教科書】

 
 

1. 仕掛けとは

リトピュア式リトミックは、楽しく子どもの才能を必ず引き出すレッスンです。
それができる理由は、カリキュラムと音源に、さまざまな「仕掛け」を施してあるからなのです。
ここでは、その仕掛けについて学習していきます。
その仕掛けの一つひとつを先生が理解し、納得してレッスンを行っているかどうかで、結果は大きく違ってきます。
今一度、その仕掛けを深く理解し、レッスンでの伝えるマインドを確かなものにしていきましょう。
それにより、子どもの成果が、ママパパとの関係が、生徒さん集客が、大きく変わります。
では、大切なその仕掛けの本質と、するべきことを学習していきます。

(1)教えないレッスン
リトピュア式のレッスンは、「教えない!」でしたね。
習い事、先生、というと、「教える、教わる」と思いがちですが、そうではありません。
教えようとする必要はなく、リトピュアの楽しい音楽と仕掛けにより、自ら動きたくなる、「子どもの行動心理」を誘導できるレッスンとなっています。
ですから、「教える」という考え方を、先生が持たないことが大切です。
楽しければ子どもたちは、自ら動きます。
自然に「できた!」が増えていく、という仕組みになっているのです。

(2) 意味を理解し、そのまま行う
守っていただきたいこと、努力していただきたいことがあります。
それは、本部から毎月配信している指導動画と、マニュアルどおりにレッスンすること。
「そのまま」「そのとおり」に、行うということです。
動画をよく観て、理解して「そのまま」実践してください。
たとえば、手あそび歌の一つひとつをとってみても、音程や歌詞はもちろんのこと、手の動かし方、先生の身体の向き、
のり出し方、言葉がけ、etc…
全てです。
お話リトミックの3分間も、言葉、抑揚、間、めくり方、視線、そのまま演じてください。

指導動画を数回観て、「だいたいわかった、できるできる!」
という状態で、レッスンに臨んでも絶対にうまくいきません。
少し違うだけでも、子どもたちのよい反応を引き出すことができず、残念な結果になってしまいます。
カリキュラム動画でお見せしていることのすべてに、仕掛けがあることをわかっておいてください。
レッスンを成功させるためには、「仕掛けを納得して、そのまま行う」
まず、このことを忘れずにいつも意識していてください。
リトピュア式リトミックには、レッスンを成功させるための仕掛けがいっぱいあります。
その仕掛けの秘密を、この教科書では書きました。
再度、一つひとつを理解納得して、レッスンを進めてください。

 
 

本書の著作権は、リトピュアにあります。
本書の無断複写・複製は禁じられています。
リトピュアカリキュラムの無断使用は、いかなる場合でも認められません。