先生になる
リトピュア×知育教室

地域に根づいて、未来の子どもたちを育てたい

リトピュアリトミック認定講師:中村順子先生

大阪市にテナントを借り、リトピュアリトミック認定教室を開設し本格始動。1男児のママ。
大学卒業後、保育士として勤務。育休中や復職後の職場で経験したリトミックに疑問を感じ
模索をはじめる。保育園退職後、子どもの成長によい環境づくりをしたいと地元大阪にて、
独立し教室を開設。現在、リトピュアリトミック31名をはじめ、知育教室など併設し展開中。
乳幼児の教育に関する総合的な教育環境を整えている。





 -リトミックとの出会いについて教えてください。中村:子どもを出産して、ベビーリトミックに通いはじめたのがリトミックとの出会いです。

でも、うちの子1歳半になっても、動くよりも座っていることが多くて、よく見て聴いては
いるんですけど、他の子は活動的な子が多かったので、周りとの距離を感じるようになって
しまって。私、笑われるのですが、こう見えて人見知りなんです。だから、ママ友グループにも
馴染めず、寂しい思いをしましたね。
そしてもう一つのリトミックとの関わりは、勤務していた保育園で取り入れていたリトミックです。
そのリトミックが全く面白くなくて…、すごいスパルタで厳しく、リズムのノリが悪いとか子どもが
怒られて、引いてしまうんですね。そういうのを見ていたので、はじめは、リトミックって私には
合わないのかなぁと思っていました。nakamurasensei4-そこから、なぜリトピュアリトミックの認定講師になろうと思ったんですか?中村:保育園でのリトミックに疑問を感じて、リトミックについて自分で調べ出したんです。

そのときに、リトピュアのホームページを見つけたんですが、はじめて見たときから、
自分でやってみたい!楽しそう!って感じました。そこでリトミックに対するイメージが
変わりましたね。それで、まずはメール講座を受けて、楽しかったので本講座を受けました。
その後、保育園を退職することになり、リトピュアのリトミックが楽しかったから、自分で
できないかな?って思っていました。
リトピュアに出会って、「あ、リトミックって楽しかったんだ」って思いましたね。
そこからは、教室をすることを目指していました。

nakamurasensei7-リトピュアの講師になる前に、音楽経験はありましたか?中村:小さい頃ピアノを習っていたくらいです。
ただ、途中でやめてしまい、あとは保育士の
試験のためにやりました。保育園でも、伴奏の
順番が回ってきて、弾かなきゃいけないときが
あるんですけど、そのときは苦労しましたね。
歌は好きですが。
リトピュアはピアノを使わなくても、楽しい音楽
があるからできるのでよかったです。
 
 
-リトピュアリトミックのどこに魅力を感じましたか?中村:まずは、レッスンがすごく楽しいこと。
それと、リトピュアの3つの絶対の「絶対感性」っていうのに、すごい魅かれました。
以前、小学生対象の英会話の講師をしていた
時期があるんですが、そのときに、自己肯定感の低い子が多いことを感じました。
自分のことに自信がなかなか持てないんですね。それで、自己肯定感が
高まるにはどうしたらいいのかなっていうのをずっと考えていました。
その頃、お母さんとの面談をする中で感じたのは、お母さんたちが
子どものためを思って、厳しくするのはいいことなんですが、もう少し、
そのままの姿を認めてあげてもいいのかなっていうことです。nakamurasensei6だから、お母さんの意識をちょっと変えてあげられないかなぁって思ったんです。

子どもが小さいときに、習い事の先生からでも、認めてもらえたらいいんじゃないかなって
思っていました。なので、リトピュアの、小さいときからそのままでいい、できたこと褒めて、
そのままの姿を認めてあげるというレッスン方針に魅かれました。
それと、カリキュラムを自分で考えなくていいっていうのも本当に有難いです。
保育園のときはカリキュラムづくりに追われていたので。
今は、子どもたちのことを考えることに集中できます。

-リトピュアの先生になって嬉しいことはどんなことですか?中村:どこを歩いていても、生徒さんとかお母さんに「先生!」って言われることですね。

スーパーで「先生今日晩ご飯なに!」とか。子ども連れて公園に行っても「先生~!」って
子どもたちが来てくれたりとか。
あとは、子どもたちが確実に変わってくることですね。子どもがいい風に変化するのを
毎回見られるっていうのは、幸せだなーと思います。

-今後の展望を教えてください。中村:現在行っている、総合的な乳幼児教室のリトピュアリトミックを知育教室を多くの方に

広めていきたいです。
知育教室では、指先の巧緻性(こうちせい)を高めるためのパズル、色彩教育、五感教育、
音読、体操などのレッスンをしています。地域には教育に熱心な親御さんが多いので、
何か自分の子どもに役に立つ習い事をさせたいと思って探している方が多いと思います。
この2つの教室を中心に、子どもたちの未来のため、乳幼児を育てるママのために
地域に貢献していけたらな、と思っています。

中村順子先生の教室情報
・上本町教室 大阪市天王寺区生玉町2-3 小出ビル306号室

お問合せはこちらから http://ameblo.jp/rito-pure-jyunko

その他のインタビュー

リトピュア×社会復帰 澤田かおり先生
リトピュア×ピアノ教室 寺口道代先生
リトピュア×ピアノ教室 小野崎莉紀先生
↑ページトップへ