子どものやる気を 毎回引出すにはどうしたらいいか…

2020年11月04日

こんばんは、矢島久美子です。

先日、こんなご質問をいただきました。

=====
毎回、子どもの反応が気になります。

どんなふうにすると、子どものやる気を
毎回引出せるのでしょう。
=====

と言うご質問です。

かなりリアルですね。

私もレッスンをはじめた最初の頃は、
行き当たりばったりのレッスンで、
モヤモヤしていたので、
よくわかります。

年間で考えてつくることが、最初はできないので、
とにかく楽しくしようと思って、
一生懸命になりますよね。

子どもたちが、意欲的にできるレッスンにすることは、
難しそうな気がするかもしれないですね。

少しでも解決できるお話をしますね。

まず、大人も、子どももやる気になるときって
どんなときでしょう。

レッスンに限らず、普段の生活でも考えてみると…

2方向あると思うんです。

一つは、
子どもが夢中になるほど楽しいレッスン時間になる

2つ目は、
褒められていい気分になって、やる気が出る。

 

これは、仕事でも同じで、言えることですね。

レッスンも、この違う2方向を考えることが大事です。

先日、リトピュア指導法のオンラインZoom実技講座の
修了レポートをいただきました。

ご紹介しますね。

======

「褒める」ことの重要性を再認識することができました。

実演を拝見し参加者のみなさまとトライした際には、
瞬時の判断で具体的に褒めることが容易ではないと感じました。

他の子供と被らないよう、個性を褒める表現を瞬間的に判断し、
テンポよく、はっきりと笑顔で伝えていくためには
子供達への愛情と情熱をもって、常によくよく観察していることが
大切なのだと思います。

コミュニケーションを深め、次の能動的なアクションに
繋がってくれるよう、またすこしでも印象に残ってくれるよう、

「リズミカルに・具体的に・大きな声で・褒める!!」を
私自身の活動にも取り入れて、実践してみたいと思っています。

======

実技講座では、最初に、受講生さんが先生になって、ロールプレイングをしていただきました。

そして、次に、リトピュアノンストップレッスンを、
生徒として体験しました。

だから、両方の視点で、
一気に学習して感じていただけたんですね。

 

受講生さんたちは、先程お伝えした、
楽しいカリキュラムづくり、
そして、「褒める」について、とっても感度よく

リトピュアレッスンの体験から吸収してくださいました。

「褒める」こと、ほんとうに重要です。

最近では、「褒めて育てる」と、よく言われていますね。

このレッスンの中での褒めるは、

「リズミカルに・具体的に・大きな声で・褒める!!」

これを、レッスンをしながら行うんです。

しかも、「具体的に」って、
しっかりと、見逃さないでよく見ていないとできませんね。

でも、難しいことではないんです。

コツは、褒め言葉を選んで迷っていると、
難しくなってしまいますが、

先生が、子ども一人ひとりに興味を持って見ていれば
大丈夫!

見たまま、感じたままを声に出せばいいんです。

なんとなくわかっていることかもしれませんが、

ぜひ、リアルに技術を学んでみてください。

レッスンが、バージョンアップしますよ。

11月、12月の講座、ぜひ、一緒に楽しく学びましょう。

対面Zoom講座の日程は、

<実技講座 開催日時>

2020年11月28日(土)15:00~16:30

2020年12月7日(月)11:00~12:30

お得なセットで、一気に力をつけてくださいね。

すでに、基礎講座修了の方は、追加で受けられます。

ーーーーーー

矢島久美子 乳幼児指導法リトピュア式」LINE公式アカウント

矢島久美子Instagram

無料メール講座
 ・幼児のピアノレッスンに困らなくなる指導法
 ・ベビー講座や保育で活かすリトミック指導法

リトピュア式指導法基礎講座-動画付メール講座

リトピュアYouTube公式チャンネル

リトピュアFacebookページ

リトピュアInstagram

リトピュアTwitter