レッスン前に「お約束」をするのですが、なかなか子どもはしてくれません…乳幼児指導法

2020年09月14日

こんにちは、矢島久美子です。

急に涼しく、秋らしくなってきましたね。

さて、今日は、よくあるご質問から。

=======

子どもたちと、レッスン前や絵本読みの前など

「お約束」をして、集中できるようにしているのですが、

なかなか言った通りにしてくれなくて…

=======

と、このようなご相談をいただくことがあります。

・グループレッスンのときに大勢に
・ピアノ個人レッスンでピアノの前に座ったときに
・保育の絵本読みのときに

せっかくの時間、
最大の楽しさ、効果を出したい!
親御さんの期待に応えたい!

と思うと、先生は一生懸命になって、子どもたちを

事前に、説得してしまうのですね^^

 

でも、よく考えてみると、

子どもにとって、事前のお約束は意味がない…

ということも、感じていらっしゃるかもしれませんね。

なぜなら、子どもの行動は、全て

楽しそうだからやる
楽しいから夢中になる
楽しかったから吸収する

ですものね。

子どもって正直で、直感的なんですね!

だから、お約束や条件付きは、結局のところ
子どもには伝わらず、うまくいきません。

 

それなら、どうすればいいか……

子どもが思わず楽しくなる方法

「も、いっかい!」と、
しつこく、ねだってくる方法を

考えることがベストですね。

つまり、

子どもに変化を求めて、事を進めるよりも

先生自身が変わって、
子どもを夢中にしてしまう!

その作戦の方が、簡単だと思いませんか^^

だからといって、たいへんなことをするのではなく、
コツがわかると、

子どもたち、親御さんたちのために
試行錯誤し悩む時間を
ショートカットできますよ。

それには、子どもの特性を知って、うまく活かして

楽しそうだからやる
楽しいから夢中になる
楽しかったから吸収する

この循環をつくることです。

そのコツは、難しいことではありません。

大人だって、「決められているからやらなければ」

からはじまるのではなく、

楽しそう!
やってみたい!

と思うことの方が、断然、ワクワクしてやる気が出ますよね。

私も、そうです。

楽しく簡単にできる、子どもたちの心をつかむレッスン法を
考えるのはワクワクします。

そして、
「やってみたら、効果絶大でした!」

というお声をいただけたら、さらに嬉しくなります^^

これから続々と公開される
「リトピュア式指導法 オンライン各種講座」

「毎月のカリキュラム、指導法に悩まない教室開業法」

ご覧くださいね。

ーーーーーー

矢島久美子 乳幼児指導法リトピュア式」LINE公式アカウント

無料メール講座
 ・幼児のピアノレッスンに困らなくなる指導法
 ・ベビー講座や保育で活かすリトミック指導法

リトピュア式指導法基礎講座-動画付メール講座

リトピュアYouTube公式チャンネル

矢島久美子Instagram

リトピュアFacebookページ

リトピュアInstagram

リトピュアTwitter