子どもの「できた!」の種をたくさん撒くのがリトピュアレッスン:大分

2019年04月24日

こんにちは、矢島久美子です。

GWを前に、お子さんとお出かけの計画を立てている
ママパパも多いのではないでしょうか。

子どもは、あっという間に大きくなってしまいますからね。
そのときどきがとても大事な時間ですよね。

子どもの未来のために、何かをしてあげたい!と、
親御さんたちはいつも考えています。

でも、そう簡単に、してあげるべきことの正解を
見つけられるわけではありませんね。

また、ほんとうのところ、何が正解だったのかなんて、
そのときには確信が持てないものです。

確かなことは、「みんな違っていい」です!

子どもたち一人ひとりが、素晴らしいものを秘めていることは
間違いありません。

それを親御さんが、日々大切に育み、生きる土台を
つくっていくことが大切になのですね。

でも、何をすればいいのか…

そのためには、たくさんの種を撒いておく必要があるのですね。

リトピュアレッスンでは、その種をたくさん撒いています。

その一つが、人気のこれ!

リトピュアの絵本の時間です。

子どもの心理を分析し尽くしたからこそできる、
ベビーリトミックの創始者であるリトピュア式がお届けする
「お話リトミック」です。

ママたちからは、

・0歳がこんなに集中して見るなんて!
・すごい真剣な食いつきに、笑えてしまいます^^
・絵本の言葉を家でも繰り返し口ずさんでいます。

このようなコメントを、よくいただきます。

子どもたちの無限の可能性を引出す種まきを、
リトピュアでは、さまざまなカリキュラムをとおして行っています。

子どもの未来をつくる、リトピュアカリキュラムと音楽づくり、
続いていきますよ。

ぜひ、この大人も子どもも夢中になる音楽レッスンを
一度、体験してみてくださいね。

大分の教室でも、お話リトミックは人気のようです。

全国の教室でも、もちろん行っています!

こちらからご覧くださいね。