学ぶ力を伸ばすリトピュア!経験して納得するが大事:あきる野 東村山

2019年04月23日

こんにちは、矢島久美子です。

リトピュアのカリキュラムのお話をしたいと思います。

4月は、「リトピュアペープサート」という、
オリジナルカリキュラムがあります。

これが大人気です。

リトピュア式25年の研究と、たくさんの想いが詰まっています。


このカリキュラムのねらいの一つは、子どもを

「自分で考え、自分で動き、納得する」

この結論に誘導することです。

これが、子どもの未来をつくるために必要となってくる、

「学ぶ力」を伸ばすことに繋がるからです。

人間は生まれて、誰もがゼロからの出発ですね。

でも、そこからの生き方によって、一人ひとりの方向や伸び力は違ってきます。

だから「学ぶ力」は、子どもの成長において、大切なポイントなのです。

学ぶことって、いろんなことを知るって、楽しいんだ!

楽しいからやってみたら、いっぱい褒められて嬉しい!

こんな体験から、「学ぶ力」が付いていき、子どもは

ゼロから1に10に、100にと、いくらでも成長していけるのですね。

その要となるのが、自分自身で納得するまでやることです。

経験をさせてあげる機会を、つくるのが大人の役目ではないでしょうか。

リトピュアのあきるの 武蔵村山教室の栗原先生も、言っています。

========

ここで大切なのは、経験させてあげることです(^^)

決して「違うよ」「こっちだよ」と止めなくていいんです!

磁石の原理はわからなくても、何回も貼ろうとしてみて貼れないと
“ここは貼れないんだ!”と自分で気付きます。

気付いた時に「ここは貼れなかったね」「でもこっちは貼れて不思議だね?」と
声をかけてあげれば良いのです♪

納得すれば、自然とボードの方に貼るようになります。

=======

と、興味深い、レッスンの様子を、こちらの教室ブログに書いています。

つい、結果ばかりを求めてしまう大人のこと
やっている過程も大切さについて

リトピュアの歴史の長い、「ペープサートカリキュラム」が
導きたい子どもの力について、

こちらをご覧ください。

全国の教室は、 こちらから!