楽しい子育ての時間をつくる子どもとの会話を!

2018年12月31日

リトピュアの田中敦子です。

寒くなると外遊びが減るし、お家で何しようかな、と思っているママ。

休みの日には、子どもと一緒に遊びたいけど、何したらいいのかな、
と考えいるパパ。

年齢が低い時期は、特にそう思うママパパは、多いですね。

お仕事をされているママパパは、普段は子どもとの時間もとりづらいから、
せめてお休みの日には、一緒に充実した時間を過ごしたい、

と思いますね。

なにをしたらいいかな、と思ったら、まず、お出かけしてみましょう。

近くを一緒に歩くだけでもいいし、近所の公園に行くのもいいですね。

車や電車に乗って移動というより、ベビーカーや歩いてがおススメです。

出かけること、公園に行くことだけが目的ではなくて、
お子さんとお話する、会話をできるのがいいですね。

歩いていて見えたものや、お子さんが興味を示しているものを
声に出してみましょう。

「赤い車 ブッブーって走っていったね」
「黄色のお花、きれいね~」
「緑色のはっぱ、ユラユラ 揺れてるね」

こんな感じです。

ママパパの声に、お子さんはさらに刺激されて、
周囲を興味を持ちますよ。

ママパパに「あー」と声を出したり、指でさしたりして、リクエストしますよ。

身近なことで、お子さんの感性を刺激し、親子で共通の「楽しい」時間を過ごすことができますね。

こうした楽しいご家族での時間を、来年も過ごしましょう。
リトピュア音楽空間も、親子でお楽しみくださいね。

こちらでも、簡単に日々の子育てで活用できる
「5つの習慣」をお届けしています。