絵本をたくさん読んであげたいけど集中して見てくれなくて…

2018年11月28日

こんばんは。矢島久美子です。

本好きになってほしい!
子どもに絵本を読んであげるのはいいことだから、なるべく読んであげよう!

と思っているママパパは多いですね。


お薦め絵本にも、興味を持っていらっしゃることでしょう。

でも、読んでいても、いまいち子どもがのってこない…
絵本を見せてもジッと見ていない…
すぐにページをめくってしまう…

という声もよく聞きます。

乳幼児の時期、反応はそのときによっていろいろですが、
最初からじっと見ているということは少ないかもしれませんね。

でも、子どもは本来、絵本が大好きです。

色とりどりの絵をじっと見つめていたり、
お気に入りの場面は何度も見たがったり、

興味を示しますよ。

ですから、そんな子どもの絵本好きを、伸ばしましょう!

そのために簡単にできること、ありますよ。

まずは、どんな絵本がいいか、選び方です。

・絵がハッキリしているもの
・ストーリーがシンプルで、繰り返しが多いもの
・ワンワン、パクパクなど擬声語が多いもの

このようなものを、意識して選んでみてください。

そして、読み方がポイントです。

・書いてある文字を一字一句読もうとしない
・特徴的な擬声語を繰り返して読む、
・リズミカルに読む

気軽に楽しんで読んでくださいね。

繰り返しの言葉をリズミカルに読むと、子どもは引き込まれていきます。

直感的に、おもしろいと思ったことには、とっても集中するのですね。

何度も繰り返し読むことを、リクエストされますよ^^

子どもは絵本の楽しさを、自ら感じていきます。

そうなって良い反応が見られると、ママパパも、
お子さんとの絵本の時間が楽しくなりますね。

リトピュアの絵本のカリキュラムは、
この方法でリズミカルな音楽のような、絵本タイムになっています。

子どもたちは、リトピュアの絵本の時間がみんな大好き!

レッスンで見せる、0歳からの集中の姿には驚きです。

ママパパもビックリの感動のこの時間は、

リトピュアの「絵本の魔法」とも言われています。

絵本は、うまくと取り入れ習慣になると、いいことがたくさんあります。

まだ、体験したことのないことを絵本を通して知ったり、
自然に文字に触れることもできますね。

楽しく感性を育む、素敵な時間です。

リトピュアの絵本の時間を、ぜひ、お近くの教室で体験してみてくださいね。

~~~・~~~・~~~・~~~・~~~・~~~・

・0歳~3歳の親子音楽レッスンで子どもの才能を引き出す
・音感・リズム感・集中力・聴ける力が身につくレッスン
・ママパパが今すぐできる「5つの習慣」
・フランチャイズで教室経営~未経験からできる音楽と子どもの仕事
・無料メールラーニング12日間~子育てと両立して働く方法