リトピュアの絵本の世界が引き出す子どもの集中力

2018年10月21日

こんにちは。矢島久美子です
先週は、リトピュアレッスンをカメラを片手に楽しんできました。

子どもたち一人ひとりの素敵な反応に、思わずシャッターの数が増えます。

習い事に来てくださる親御さんは、その時間のお子さんの反応が
どうかな…と気になりますよね。


楽しいかな…
積極的に参加してほしいな…

と、お子さんの様子から、目が離せないでしょう。

毎回、そんなお子さんの変化、成長を感じることは、
親御さんにとっての習い事の楽しみ方でもありますね。

私もリトピュア教室の見学をするときに、まさにそんな気持ちで
見て楽しんでいるのでわかります。

そのリトピュアカリキュラムの中でも人気なのが「絵本の時間」です。
このとき、子どもは、絶対感性を発揮しています。

子どもの感性は、一人ひとりみんな違います。

・元気に動くカリキュラムが好きな子、
・ゆったりと座って行うカリキュラムが好きな子
・ママと一緒が好きな子

どれもいいですね。

この絵本の時間3分間は、そのみんな違った感性で、
それぞれが自分なりに、目から耳から、受け止めているのですね。

子どものレッスン中の笑顔は、ほんとうに可愛いです。
でも、子どもたちの集中する姿も、真剣な顔も、また何とも言ず可愛いのです。

0歳児からの子どもが、思わず集中している姿って、たまらないですよ。

その可愛さと、小さな子どものすごい集中力に対しての驚き!

ママパパも、嬉しくなります。

この時間をつくり、集中力を導くのが、
リトピュア式の絵本の時間のつくり方にあります。

「読み聞かせ」では、ありません。

言葉の持っているリズムで、ワクワク感が広がる「絵本の時間」です。

ぜひ、一度、体感してみてください。

全国の教室、どこでもこのリトピュア式の「絵本の魔法」を実感いただけます。

お近くの教室は、こちらから探してくださいね。