メイン画像
・子どもがなかなか集中しない…
・お約束しても静かに聞けない…
・いつも絵本選びに悩む…
絵本の時間、みんなに集中して見てほしいですよね~
それを叶える、
「必ず子どもが集中する絵本読みができる先生になるオンライン動画付き通信講座」です。

リトピュアの矢島久美子です。

絵本が子どもの成長において、大きな効果をもたらすことは
大人たちはみんな知っていますね。
だから、乳幼児の教室、保育園などでも絵本は、日々取り入れられています。

でも、効果的に読んであげられていない…
と感じ、現場で奮闘されている先生も多くいらっしゃいます。

読む前に子どもに、
静かにするようにお約束したり
静かにならないと読まないよと言ったり

ということもあるかもしれませんね。

でも、よく考えてみれば、
それは、結果には繋がらないことなんですね。

なぜなら、子どもは、

楽しいからやる
楽しいから夢中になる
楽しいから吸収する

という意欲行動によって進んでいきます。

だから、お約束や条件付きは、結局のところ
子どもには伝わらず、うまくいきません。

であれば、子どもに変化を求めず、
読む先生が変われば、問題解決です!

親子写真


もしかしたら、こんな風に思っていませんか

・お約束して静かに見るようにわかってもらおう
・乳幼児期は集中力がまだないから仕方ない
・上手に声色も使って読んであげる練習をしよう

これらどれも、違うんですね。

お約束して静かにするようわかってもらおう
⇒ いえ、子どもは楽しいことには自ら夢中になります。

乳幼児期は集中力がまだないから仕方ない
⇒ いえ、0歳も1歳も、集中します、集中力を持っています。

上手に声色も使って読んであげる練習をしよう
⇒ いえ、大げさな声色は使わなくて大丈夫、コツはそこではないです。


簡単です!一つずつマスターしましょう!


子どもたちのために、先生たちは、あれこれ考えて試行錯誤されています。

でも、絵本の時間が子どもにとっても、先生にとっても、
楽しい時間となるためするべきことって、
案外、簡単なことからはじめられるんですよ。

その一つひとつを知って、

できそうなことから行ってみませんか。

たとえば、
・絵本の持ち方を変えてみる
・子どもの座る位置を意識してみる
・絵本選びの法則を習得する

などなど

これらをマスターするだけでも違います。
簡単、ですよね。
そう、すぐにできることばかりです。

そして、さらに、
子ども視点になって読む方法を
一つずつ学んでいきましょう。

親子写真

感想~絵本指導法を習得した先生の体験談より

こちらに、実際にリトピュア指導法を習得して、
絵本読みをしている先生からの体験をご紹介しますね。

絵本をのぞき込まないようにします。

絵本はまず下読みをしっかりしておき、次にどんな内容のページなのか覚えて読み聞かせをしていきたいと思いました。

今までのぞき込んで読んでしまっていたので、子どものことを考えると見えていない子どももいたのではないかと、反省しました。

細かな絵本の高さ、ページのめくり方等に保育者の絵本を伝えるときの位置等、なるほどと思いました。

明日からの保育にとりいれ、留意しながら行っていきます。

子どもが自然と楽しみたい、聴きたいと思ってくれるようにしていきたいと思います。

なるほど! 絵本の時間が楽しくなりそうです

絵本の読み聞かせを、実際に声を出し、リズムをとってぺージをめくることをしてみたら、リズムにのって自然に声を出している自分がいました。
“なるほど!と思いました。

長い文の絵本でも、スーッと子どもたちに届けることができるのではと思うと嬉しくなります。

またリズミカルに身体を動かすことで、“楽しさ”を実感できました。

子どもの集中が変わって驚きでした!

お話リトミックは、普段見ている絵本でも、リズムをつけるとより引き込み新たに楽しめると感じ行ってみました。

実践してみると、普段、絵本に集中できない子も興味を持って見てくれました!

読み方、声の出し方だけでなく、絵本の持ち方などでも子どもの集中が変わるというのは、驚きでした、実践してみて、本当に違ってなるほど、と思いました。

成功!子どもが絵本の中に吸い込まれるようでした!

絵本の位置やめくり方、あまり意識していませんでした。
詳しく教えていただいたことを実際にしたら、子どもが今までになく集中しました。

声かけのしかたや技術など、お話リトミックでは、その本の中に吸い込まれてしまうおうな印象を受けました。話の内容がリズムよく耳と目と体に入って来ました。

自分が子どもを引き込めてビックリです!

お話リトミックは、自分自身が子どもになったように、絵本の世界へ引き込まれてもっと聴きたい、次の本も気になるなと思いました。

お話リトミックを実際にやってみましたが、今までこんなにリズムとテンポをつけて読んだことがない!という勢いでやれて自分で驚いています。

子どもたちを引き込めました。


先生方からは、このような、驚き、喜びの声を
たくさんいただいています。

ほんの少し、意識したり、読み方を変えたりしただけなんですよ。
ぜひ、皆さんにも知って行動して、実感していただきたいです。

7日間のメニューをご紹介します。

  • 1回目: 乳幼児期の絵本!たった一つのコツが成果を引出す!
  • 2回目: 絵本読みを制する「下読み力」の鍛え方
  • 3回目: 絵本読みを制する「絵本基礎力」は相手目線の意識から
  • 4回目: 絵本読みを制する「読む力」は声・滑舌・言葉のリズムの工夫から
  • 5回目: 絵本の選び方!子どもに選ばれた人気絵本20選より
  • 6回目: 劇的に子どもが変わる読み方例-実演1 「ナンニデモナールさん」
  • 7回目: 劇的に子どもが変わる読み方例-実演2 「どこにおく?」
  • 以上を、7日間のメールテキストと、動画でお届けします。

今回、こちらの絵本講座を担当しますのは、
リトピュア教室の絵本カリキュラム「お話リトミック」制作責任者、
絵本のプロフェッショナル田中敦子です。
ご紹介します。

【プロフィール】

はじめまして、リトピュアの田中敦子と申します。
私は、現在、リトピュアの指導者を目指す方の育成や、
現場で活躍する講師のフォロー業務を担当させていただいています。
また現役講師としても、リトピュア目黒品川教室・本部Zoomレッスンを行っています。
プライベートでは、すでに成人している二男一女の母、仕事では、
聖徳短期大学保育科⇒付属幼稚園9年⇒リトピュア式講師、と乳幼児教育一筋35年となります。
特に絵本の取り組みは長く、その中でもリトピュア式の「お話リトミック」という絵本読みについては10年を超え、400冊近い絵本の読み方、カリキュラムを、先生方、親子さんに提供してきました。
その経験を活かし、今回、「必ず子どもが集中する絵本時間にする極意」にまとめ、お伝えします。
絵本は、乳幼児教育者にとっても、親御さんにとっても身近で大切なものです。
多くの先生方に習得いただき、現場で活かしていただきたいと思います。
動画でお伝えしていますので、わかりやすいですよ。
7日間、一緒に楽しく学習していきましょう。
よろしくお願いいたします。

親子写真

「必ず子どもが集中する絵本時間にする極意」
資格取得までの流れと、
「リトピュア式指導法5StarTeacher」の認定資格取得について。

ここに商品
ステップ1
講座は全7回

・7日間毎日届きます。
 ご自身のペースで学習を進めてください。
・動画の視聴保証はお申込みから原則1年間とさせていただきます。

上に戻る
ステップ2 
修了試験

・7日目のメールの翌日、修了試験が届きます。
 解答後、メールで返信してください。

上に戻る
ここに商品
ステップ3 
修了資格証を発行

・修了試験に合格された方には、
  リトピュア式指導法 絵本講座修了資格証が発行されます。
 ※講座受講終了後、3ヵ月を過ぎますと発行できませんのでご注意ください
・お申込みいただいた氏名で作成し、PDFファイル添付メールでお送りします。

上に戻る
【資格】リトピュア式指導法 絵本講座修了資格証をお持ちの方は、
    リトピュア式指導法 絵本講座修了資格者となります。

取得された資格は、「リトピュア式指導法5Star Teacher」1Starとしてカウントされます。
どうぞ、5Starを獲得して、「リトピュア式指導法5StarTeacher」の認定資格者を目指してください。

【5Star獲得講座5つ】
1.リトミックを使ったリトピュア式指導法基礎講座 ※
2.必ず子どもが集中する絵本時間にする極意
3.もう困らない幼児ピアノ~3歳児から夢中になる指導法 ※
4.元ダンサーが教える6歳までのダンス振付と指導法 
5.苦手克服!ベビー講座の肝はカリキュラムと親御さん対応 ※
※教具有

■お申込みの流れ

1.お申込みバナーをクリック
2.「受講の注意」を必ずお読みください
3.カートに入れる
4.受講料ご入金(クレジット、振込が選べます)
5.入金確認後、メール講座の配信をスタートします。
  教具が必要な講座は、教具をお送りします。
6.7日間、連続配信します
7.修了試験があります

リトミック 指導法 資格 講座 指導者 教室 リトミック 赤ちゃん 幼児 指導法リトミック 指導法 資格 講座 指導者 教室 リトミック 赤ちゃん 幼児 指導法

 

無料講座も、ノンストップのリトピュアの楽しさを味わえるミニレッスンYouTube
もありますので、充分リトピュアに触れてから進んでいただいても大丈夫です。

また、ご質問にもお答えいたします。
お気軽にお問合せください。

友だち追加

申し込み
申し込み
申し込み

上に戻る