〜主催者より〜 
1.簡単ラクラクリトミック指導
     なぜ、簡単ラクラクリトミックなの?
リトピュアのリトミックセミナーは、
簡単ラクラクに指導できるリトミック指導法をお伝えするものです。
  簡単ラクラクに? 
  簡単でいいの?
      
いいんですよ。簡単でなければだめです。
そうでないとリトミックの楽しさが伝わらないからです。
          
指導者が簡単だと思う、リラックスした気持ちでレッスンすることです。
1回2回のレッスンはだれでもできるかもしれません。
しかし、必要なのは継続すること。
思いつきではないカリキュラム、
年間で年齢ごとの積み重ねを考えたカリキュラムは、
子どもを伸ばすために必須なのです。
      
一番なくてはならないもの、それは、
『良質で豊富なカリキュラム』です。
      
それはなせか・・・
豊富なカリキュラムが必要な、その大きな理由は
指導者が自信を持てるカリキュラムが豊富にあると、
楽しく、悩まずに余裕を持って子どもたちに、
心を向けられるからです。
指導者自身が心に余裕を持って楽しむことが大事ですね。
     
そしてもう一つ必要なのは、
子どもに、親に「伝わる力」です。
楽しいことも、「伝えること」だけで終わらずに、
「伝わったか」ということを常に考え意識しなくてはいけません。
   
自信ありますか?
 
2.子どもの心をつかむリトミック指導
    リトミック指導スキル=乳幼児指導スキル
リトミックは子どもの持っているすばらしい能力を
伸ばすことができる教育ツールではあります。
ですが・・・
それは使い方次第です。
乳幼児期の子どもの伸び力と子どもの特性をよく理解して
    
  子どもの好きなことは何か
  子どもが集中するときはどんなときか
  子どものことを見抜いて、見逃さないこと
    
それにはどうすればいいのか。
    
それをつかんだとき
そこから楽しいリトミックレッスンがはじまります。
   
伝えてますか、伝わってますか?     
 
苦労しない楽しいレッスンを
子どもたちの心をつかむ自信ありますか?
   このカリキュラム楽しいよ!
   子どもたち絶対喜ぶ!
   早くやってあげたい!
これは絶対楽しいから身につく!
みんな集中してる!
早くあれもこれもやってあげたい!

・・・今、そんなふうに思ってますか?

予想どおり、子どもたちが動いてくれたとき、喜んでくれたとき
思わず「ヤッタネ!」と心の中で叫んでしまいます。

指導者はそんなワクワクする気持ちをいつも持っていてください。
これから指導をする人は、そんな自信が持ててからはじめてくださいね。
そうしないとはじめてから苦労します。悩みます。
私のように・・・

みなさんには悩む時間を使わず、できるだけ多くの子どもたちに
伝えることに時間を使ってほしいと思っています。

 
やじまくみこの20年10000人の親子さんと触れ合った経験の中で行きついた
リトミック指導法を伝えさせていただきたいと思っています。

初心者でも学ぶ気持ちがあれば大丈夫ですよ。
もちろん経験者の方も。

子ども大好き、リトミック大好き、そんな意欲のある方
 指導者となって子どもの伸びる力をどんどん引き出してください

 
「いや、まだまだ、指導はもっとリトミックを勉強してからでないと・・・」
なんてことを言っていると、子どもはすぐ大きくなってしまいます。
今周りにいるお子さんに今すぐリトミックの楽しさを伝えてくださいね。
そしてそれは多くの子育てママのお役にも立つことにもなります。

私たちはいつも子どもたちだけでなく、子育てママたちから素敵な笑顔を、
喜びの声をいただいています。
リトミックをとおして子どもの伸び力を実感していただくことで、
楽しい子育てライフを応援していくことができます。
リトピュアの簡単ラクラクリトミックは
そんな思いでつくられた指導カリキュラムです。

指導経験があっても、なくても、
子どもたちに楽しいことを伝えたい!
子どもたちの乳幼児期の能力を伸ばしたい!
そんな方、お待ちしています!!

カリキュラムに悩んでいたら、いいレッスンはできません。
その不安は子どもたちに、ママたちに伝わります。
指導するときに大事なことは、
そこにいる子どもたちのために、気持ちを、頭を、集中させることです。
カリキュラム(指導案)の心配はせずに、
指導者のみなさんは、安心して心を目の前にいる子どもたちに向けてください。

子どもたちの成長がめざましい大切な乳幼児期に、
さまざまな能力を養うことができるリトミック。

そんなすばらしい子育てツールを使いこなすためには
いくつかのポイントを抑えておくことが必要です。

1.子どもの心をつかむこと
2.良質のカリキュラムを豊富に持つこと
3.リトミックを指導者が楽しむこと
 
 
セミナーって、いい刺激にはなったけれど・・・

私も経験がありますが、
セミナーや講習会というのは参加してみるといいものは多いです。
主催者側も一生懸命にいい内容を提供しようと吟味してくれていますものね。

しかし、そのときは、「目からうろこ…」なんて感動したことがいくつかあったとしても、
帰って日常生活に戻ったらどうでしょうか。
刺激にはなったけれど・・・
活かしていない・・・
活かせない・・・

それが現実です。

ではなぜでしょうか。

それは、現実に戻るからです。

せっかく受けたのに役立てられていない・・・  などと落ち込むことはありません。
みんな現実の生活があって忙しいのですから仕方ありません。

でもせっかく受けたセミナーがそんなことにならないように、

・事前に
   事前質問をさせていただき、お悩み不安などを理解し、
   キャッチボールのできるセミナーに。

・セミナーで
    講義とロールプレイングでわかりやすく。

・終了後
    すぐに帰ってからセミナーで学んだことをそのまま再現できる
    カリキュラムやCDを持って帰っていただく。

全てをトータルして考えています。

セミナーの役目は、刺激をもらって各自が向上するきっかけになること。
それでもいいのかもしれません。

しかしリトピュアは、ちょっとおせっかいをやきます。

『セミナーははじまりです』

終了後に各自が必ず活かせるセミナーのノウハウづくりをしました。

セミナーを活かして、1人でも多くの先生が充実した指導を継続してできるようになって、多くの子どもたちの持っている素晴らしい力を伸ばしてほしいから。

 
セミナーでは、

   ・子どもの心をつかむ指導ノウハウ
   ・そのための指導グッズ一式
   ・指導意欲
   ・今後の指導をささえていく仲間

をお待ち帰りいただきます。
 
 
自己満足ではない指導力UPを!

何事も勉強し知識や技術を深めていくことは大事なことです。

でも子どもに指導するときに一番大事なことを忘れてはいけません。
それは、子どもに伝えるための指導スキルです。

集中して楽しませる、技術と指導法です。

資格や理論的知識を詰め込み、自分の技術向上に一生懸命になっても
そのことを子どもたちに伝えるすべを知らなければ、その得た知識も技術も残念ながら無駄になってしましますよね。

自分の満足ではなくて、相手(子ども、親)を満足させられるにはどうすればいいか、
という指導法の学習にフォーカスしています。

そのために、乳幼児指導スキルを大切に考えています。

 
最後に
万人にあったものはどんなものにもありません。
だからリトピュアセミナーがあなたにとって合っているスタイルなのか、
このページから賛同いただければ、お申し込みいただきたいと思っています。

趣旨を理解していただきご参加いただい方には、必ず今日と違う明日からの
楽しい乳幼児リトミック指導ができるようになって帰っていただきます。
すぐに子どもたちの笑顔を実感できるようになって帰っていただくのが、
私たちのセミナーのねらいです。

どうぞよろしくお願いいたします。 

リトピュア 代表 矢島久美子
 
 
 
リトピュアとは? リトピュアリトミック教室認定教室一覧リトミック指導法
法人の皆様へ会社情報特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針サイトマップ
 
Copyright (C) rito-pure All Rights Reserved. ※無断転載禁止です。